キャバクラの給料の仕組みについて詳しく解説するサイト『キャバクラ求人・給料の仕組み』

●●●給料明細●●●

【給料計算】

基本給として、一般的なバイトのようにまず時給×労働時間で給料が計算されます。
そこに指名や同伴などの各種バックが加算され、それが総支給額となります。
総支給額からは、まず10%程度が所得税として控除されます。
そこから福利厚生費やヘアメイク代、日払いをしていたら日払い額、ペナルティーがある
場合はペナルティー額等が引かれます。
給料日には、総支給額からこれらが控除された差し引き支給額がもらえます。

【バック】

本指名バック、同伴バック、場内バック、ドリンクバック等があります。
これらは時給計算された給料にプラスして支給されます。

【控除】

給料から差し引かれるものを控除といい、所得税、福利厚生費などがあります。
所得税はほとんどのお店で10%控除されます。
福利厚生費とはお店で使う備品代などを指し、一日いくらという形で控除されます。
500円〜1500円程度が多く、例えば福利厚生費が1日500円で、15日出勤したと
したら500×15日で7500円控除されることになります。
その他にヘアメイク代、送迎費、名刺代等が控除され、実際に受け取れる給料となります。
遅刻や欠勤などによるペナルティーがある場合は、それらも給料から控除されます。

【日払い】

キャバクラや水商売の醍醐味として、給料の日払い制度があります。
お金に困った時に、その日の給料を給料日前に前借りできる制度です。
ですがあまり日払いで貰い過ぎると、給料日にまったく給料がもらえなかったというケース
もあるので、本当に困った時だけにしておきましょう。

【給料日】

月払い、半月払いがほとんどですが、週払いなどもありお店により異なります。
給料の受けとり方は、お店で現金手渡しによる方法が一般的ですが、銀行による振り込みの
場合もあります。
給料日に印鑑が必要な場合もあり、その場合は印鑑を忘れると給料が受け取れません。